COOP SAPPORO コンシェルジュ

暮らしお役立ち情報一覧

Myトドック会員様限定 暮らしお役立ち情報
検索結果:37件 | 1~10件を表示中
暮らしお役立ち情報 No.37

暮らしお役立ち情報 No.37

[サービスコード/P00177-00001]
レジ袋有料化の背景 ~海に漂うプラスチックごみ問題~

2020年7月1日から、レジ袋が有料化されました。その根拠となるのが、海に流れ出しているプラスチックごみ問題です。何が問題になっているのか、生活の中で私たちにどんなことができるのか、一緒に考えてみましょう。(公開日:2020年8月3日)

暮らしお役立ち情報 No.21

暮らしお役立ち情報 No.21

[サービスコード/P00150-00001]
その時が来てからわかる、遺品整理の難しさ

親が亡くなった後の家の片づけについて、考えたことはありますか。その時が来て慌てる前に、気を付けておきたいことについてまとめました。(公開日:2019年1月10日)

暮らしお役立ち情報 No.1

暮らしお役立ち情報 No.1

[サービスコード/P00057-00002]
北海道の住まいづくりガイド 知っておきたい住宅制度やお得な情報をわかりやすく解説

家づくりの前に知っておきたい大切な情報をみなさんに分かりやすくお伝えします。(公開日:2018年8月1日)

暮らしお役立ち情報 No.14

暮らしお役立ち情報 No.14

[サービスコード/P00139-00001]
子どもがパワーウインドウに挟まれる事故に注意!

子どもがパワーウインドウに首や手を挟まれる事故が起きています。こうした事故の大半は、大人がパワーウインドウを操作しているときに発生しています。事故防止のため、操作の前の一声やチャイルドシートの使用などを心がけましょう。(公開日:2018年11月1日)

暮らしお役立ち情報 No.24

暮らしお役立ち情報 No.24

[サービスコード/P00157-00001]
生活の安全に関する不安や悩みは警察相談専用電話 #9110へご相談ください

犯罪や事故の発生には至ってないけれど、ストーカーやDV・悪質商法・近隣や職場でのトラブルなど、普段の生活の安全や平穏に関わる様々な悩みごとや困りごとを抱えていませんか。そのようなときには、警察相談専用電話#9110にご相談ください。全国どこからでも、電話をかけた地域を管轄する警察本部などの相談窓口につながります。そして、警察では問題解決に向けて、相談者の要望などを尊重しながら様々な対応を行います。(公開日:2019年4月1日)

暮らしお役立ち情報 No.6

暮らしお役立ち情報 No.6

[サービスコード/P00124-00002]
どうしよう?困ったときは、消費者ホットライン188番にご相談を!

悪質商法等による被害に遭った、ある製品を使ってけがをしてしまったなど、消費者トラブルで困っていることはありませんか。そんなときは全国どこからでも3桁の電話番号でつながる消費者ホットライン「188(いやや!)」にご相談ください。最寄りの消費生活センターや消費生活相談窓口につながり、専門の相談員がトラブル解決を支援します。(公開日:2018年10月31日)

暮らしお役立ち情報 No.35

暮らしお役立ち情報 No.35

[サービスコード/P00175-00001]
いまからでも大丈夫!元気な老後を過ごすために、積極的に体を動かそう!

車やエレベーターなどの発達で、便利になった現代社会。その反面、人間の運動機能の衰えが問題になっています。健康で生き生きとした老後を迎えるために、日々の生活に意識して運動を取り入れていきましょう。(公開日:2020年6月8日)

暮らしお役立ち情報 No.15

暮らしお役立ち情報 No.15

[サービスコード/P00144-00001]
がんを治せる時代が来る!?「光免疫療法」ってどんなもの?

光を当て、がん細胞だけ破壊する。痛みも副作用もほとんどない画期的な治療法が、実用化に向け着々と進んでいることをご存知でしょうか。がんはもう怖くない!と言える時代が来るかもしれません。(公開日:2018年11月19日)

暮らしお役立ち情報 No.16

暮らしお役立ち情報 No.16

[サービスコード/P00145-00001]
認知症にならないために、今できること。

誰もが将来なってしまうかもしれない認知症。自分や家族がいつまでも健康で過ごせるために、今から予防のために出来ることを始めましょう。(公開日:2018年11月19日)

暮らしお役立ち情報 No.25

暮らしお役立ち情報 No.25

[サービスコード/P00160-00001]
ご注意ください!お肉の生食・加熱不足による食中毒

食中毒は1年中発生していますが、梅雨の時期から夏にかけては、細菌による食中毒が発生しやすくなります。なかでも注意したいのが、牛肉や鶏肉などに付着する「腸管出血性大腸菌(O157、O111など)」や「カンピロバクター」などで、特に、抵抗力の弱い子どもや妊婦、高齢者は気をつけなければなりません。これらの細菌による食中毒を防ぎ、食品を安全に食べるためのポイントを紹介します。(公開日:2019年5月8日)